読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
茶トラ坊主とサビ柄お嬢ちゃまの猫2匹と暮らす日々。トラちゃんことヒトの子(娘)と夫もおりますです♪

猫、牛、犬なドイツ

7月31日は午後から天気が悪くなり、ネット環境も不安定になった。

でも、午前中は湿っぽいものの天気はよかったのです。

 

朝の散歩で牛さんたちと一年ぶりの再会を果たし

(あちこちにいるんだけど)

 

f:id:tabbyandmarble:20160801132946p:plain

 

人懐っこい猫さんがいた場所で、新しい子との出会いもありました。

 

f:id:tabbyandmarble:20160801133055p:plain

 

たくさんのナメちゃんとも出会って写真もあるけど、それはいいですよね?

 

  ☆  ☆  ☆

 

こちらにくる時ミュンヘン駅で出会ったワンコさんもご紹介。

 

f:id:tabbyandmarble:20160801133302p:plain

前の列車から一匹で降りてきて、しばらく一匹で立ち尽くしている。周囲のみんなが「あれ、飼い主は?この子大丈夫なの?」と心配していたら、ものすごい大量の荷物を抱えて背負ったおじさんが降りてきた。

 

ただ、ちょっと怪しげな風貌だったのと、首輪もしないで犬を放ったらかしにしていたため、警察官から職務質問を受けてしまい、ワンコさんは心配そうに飼い主のおじさんを見守っていた。

 

ちょっと怪しげな風貌で、喧嘩っぱやそうで、警察官への対応も喧嘩腰で危ないおじさんだった。でも、警察官には文句を言ったり、たてついたりしながらも、ワンコさんには優しく話しかける。かばんから取り出したワンコさんの首輪も、素敵なデザインの上等そうなもので、ワンコさんのことは大切にしてるんだなということが感じられた。

 

かばんから出てきた首輪を見ると、ワンコさんも自らつけてもらいに行ってたし、飼い主に話しかける警察官を見上げる表情は「うちの飼い主、見かけはちょっと荒っぽいんだけど、実はいい人なの、誤解しないであげて」って感じだった。

 

ちょっと怖かった半面、ほのぼのした気持ちにもなったんだけれど、あれがチャシマンだったら、私のことなんて放りだして、脱兎のごとく逃げてっちゃうんだろうな。でも、ビビってあらぬ方向に走っていって事故にあうといけないから、やっぱり絶対一緒に旅行なんてできないよね。ハハハ。

 

(Aug. 1st 6:45am@Neuhaus=1:45pm@Tokyo)

http://tabbyandmarble.hateblo.jp/