読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
茶トラ坊主とサビ柄お嬢ちゃまの猫2匹と暮らす日々。トラちゃんことヒトの子(娘)と夫もおりますです♪

私を支えるもの

一応、猫との生活ブログなので今朝のふたりを。

f:id:tabbyandmarble:20160609115740p:plain

「お母ちゃん、カリカリ!」

「昨日も今日もゆっくりめじゃない?」

なかなか鬼気迫る顔になってる"まだら子"ともちゃん。

 

f:id:tabbyandmarble:20160609115808p:plain

「ボカァ、待ってます」

「催促は彼女にまかせますよ」

そうだよね、キミ太っ腹だもんね♪

 

  ☆  ☆  ☆

昨日のバイリンコンサート。

ヒラリー・ハーンの演奏はとても素敵だった。

あんまり好きなバイオリニストじゃないなんて言っていて、反省。

バイリンコンサートは何度も行っているけれど、聴衆からの拍手があんなに大きかったのって、初めてかもしれない。

プログラムはオーソドックスかつ地味なものなのに、あれだけ人をひきつけて感動させるってなかなかできないと思う。

 

バッハのソナタ無伴奏ソナタを聴いた時には、涙があふれて流れて止められなくて困ってしまった。

 

そして思い出したのだ。

私はどれだけ音楽に救われてきただろう。何か楽器をうまく演奏できるわけでも、音楽に詳しいわけでもない。だけど、つらい時、悲しい時、そこにあった音楽に随分と慰められてきた。

そして、コンサートに足を運ぶたび、心の底にたまった澱を浄化し流してもらってきた。

 

クラシックでも、ポップスでも、歌謡曲でも、ジャンルに関係なく、鼻歌レベルだけれど、いつもそこに音楽があって、その音楽がどれだけ私を支えてきてくれただろう。

そして、猫たち。夫とトラ娘。

そして友だち。

幸せだな。

 

そう思って、アンコールの曲を聴きながらも一人でだーだーと涙を流した夜だった(いつものことなので隣のトラ娘も夫も気にせず演奏を聴いていた)

 

トラ娘は「サインが欲しい!」と言ってコンサート終了後に CDを握りしめて列にならんだ。

f:id:tabbyandmarble:20160609121323p:plain

えと、実は私も並びました。

f:id:tabbyandmarble:20160609121340p:plain

美しい音楽をありがとう、と伝えると、彼女はニッコリ微笑んでくれた。

 

ヒラリー・ハーンのことが大好きなトラ娘は「今日のコンサートは寝たりしたくない」といって真剣に聴いていたし、演奏後の拍手もいつもより格段に力強かった。

以前はどんなに「行きたい!」と言ったコンサートでも演奏をBGMに途中眠っちゃうことが多かったのにね。

 

「あんな風にきれいな音で弾けるようになりたい」

具体的な欲も出てきたようで。

バイオリンを習い始めてちょうど10年。

トラ娘も随分と成長したものです。

(Jun. 9th 12:18am)

広告を非表示にする
http://tabbyandmarble.hateblo.jp/