読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
茶トラ坊主とサビ柄お嬢ちゃまの猫2匹と暮らす日々。トラちゃんことヒトの子(娘)と夫もおりますです♪

入学式

入学シーズンです。

f:id:tabbyandmarble:20160408083038p:plain

おととい水曜日は近所の公立小学校が入学式だった。

きのうは勤務先(といっても非常勤)の専門学校も入学式だったし、今日は知人の息子さんが高校に入学する。

 

トラ娘も今春から中学生です。

ちょうど6年前、トラ娘が小学生になった時の入学式は本当にこじんまりしてた(チャシマンの左上に貼られているのがその時の記念写真)。

なにせ新入生が4人だったから。

主役は6歳の子どもたち、なのに校長と担任・副担任の先生、そして親に祖父母...主役の何倍もいる大人の方にばかり目がいってしまい、一見何の写真か分からないくらいだ。

 

そんなわけで、入学式を済ませた途端に学校中が1年生(と親)の名前と顔を覚えてくれて、あちこちで「トラ娘ちゃん」「トラ娘ちゃんママ」と声をかけてもらったし、地域や近所の商店街でも有名だった。

 

「あんたが4人のうちの一人か」

靴屋さんに学校指定の上履きを買いに行っても、スポーツ店に水着を買いに行っても、帽子屋さんに校帽を買いに行っても、みんなが親切に、そして大切にしてくれた。

 

廃校にしてはならぬと地域や地元教育委員会の努力で学校環境は本当にとてもリッチで、教育内容も本当に充実してた。今や希望者多数で抽選になるほどの人気校になってしまい、"新入生4人"は伝説となり、トラ娘も"伝説の人"になってしまっている。

 

途中でやりたいこと、行きたい学校を見つけてしまったトラ娘は3年生の夏休みで学校を移ってしまったのだけれど、最初の小学校では本当に大切に育ててもらった。学校を移った後もトラ娘が遊びに行くと、校長先生も保健室や図書室の先生、算数の先生、そして子どもたちが「トラ娘ちゃんだ〜」と歓迎してくれた。トラ娘が在校していた時にはいなかった子どもたちまで、「あの噂のトラ娘ちゃん?すごーい!」と集まってくれた。

 

卒業はしなかったけれど、思い出深い小学校でとても懐かしい。みんなに育ててもらったトラ娘は幸せ者です。

 

昨日はあいにくの雨だったけれど、三百数十人が入学した専門学校の入学式に参加させてもらいながら、たった4人の入学式をしみじみと懐かしく思っていたのだった。

 

さぁ、今日もがんばろー、おー!

(April 8th 09:00am)

 

広告を非表示にする
http://tabbyandmarble.hateblo.jp/